ニキビ跡はなぜできる

ニキビ跡ができると治るまでに時間がかかるばかりか、重症の場合は皮膚表面に凸凹ができてしまいます。

こうなると大変です。

ですからニキビは軽度のうちに治してしまわないといけません。

なぜニキビ跡になってしまうのでしょうか?

ニキビは皮膚の炎症です。この炎症が真皮層の深いところまで及び、

さらにいつまでも治らないと、炎症が拡大していきニキビ跡になってしまします。

hihu kouzou 2

 

 

ニキビは他の虫刺されやただれなどによる皮膚の炎症とは違い、一度炎症が起きるとなかなか炎症がおさまりません。

それはどうしてでしょう?

なぜなら、ニキビは炎症の原因物質が継続的に供給され続けるために、いつまでも治らないのです。

つまりニキビを早く治すためには、この炎症の原因物質をなくすのが1番効果的なのです。

ニキビが早く治れば、角層のターンオーバーによってニキビ跡にならずに済むのです。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*